軽自動車の車庫証明取得の流れ・必要書類

軽自動車についても一定の場合、車庫証明の手続が必要となります。

正確には、自動車保管場所届出手続といいます。

基本的な流れは、普通自動車の車庫証明と大きな変わりはありません。

変わりがある部分も、普通自動車の車庫証明手続よりも簡略化されています。

届出が必要となる場合

軽自動車の車庫証明(以下、保管届と表します)が必要となる場合は以下の通りです。

・軽自動車を購入したとき(新規届出)

・中古車の譲り受け等、保有者の変更があった場合(新規届出)

・軽自動車の車庫を変更したとき(変更届出)

・運送事業用自動車を引き続き自家用自動車として使用する場合

・軽自動車を保有している方が適用地域に転入したとき(新規届出または変更届出)

適用地域

上記に該当する場合で、さらに以下の地域の場合に、保管届が必要となります。

水戸市(旧内原町を除く) 日立市(旧十王町を除く) 土浦市(旧新治村を除く) ひたちなか市 つくば市(旧茎崎町を除く)

普通自動車の車庫証明に比して地域は限定されています。

新規に自動車販売業者などから軽自動車を購入したような場合、保管届の手続はやはり業者が行ってくれるでしょう。

保管届の手続を自分でやる場合というのは、家族から車を譲られた場合や、駐車場が変わったような場合が多いかと思います。

この、保管届の手続を自分でやる場合、平日の日中に1回、警察署へ行く必要があります。

普通自動車のように2回は行かなくてよいのですが、やはり平日の日中に時間が必要となります。

このため、普通自動車同様、行政書士に取得を依頼する方が多いのですが、逆に、平日日中に時間が取れる方近場で仕事をしているなど、昼休みに警察署へ行く時間がある方は、自分でやることは可能です。

保管場所(車庫)の確保

車庫として届出ができるためには、以下の要件を充たす必要があります。

①  駐車場、車庫、空き地等が、住所や事業所から2キロメートル以内
 にあること。

②  自動車が通行できる道路から車両を支障なく出入りさせることがで
 き、かつ、車両の全体を収容できる大きさがあること。

③  保管場所を使用できる権原を有すること。

× 私道は保管場所として使用できません。

必要書類の作成

必要となる書類は概ね以下の通りです。

① 自動車保管場所届出書
 →申請書ダウンロード(茨城県警察公式サイトより)
 →記載例

② 保管場所標章交付申請書(正副の2通)
 →申請書ダウンロード(茨城県警察公式サイトより)

③ 保管場所の所在図及び配置図
 →申請書ダウンロード(茨城県警察公式サイトより)
 →記載例

④ 保管場所が使用できること(使用権原)を明らかにする書面(1通)

(1) 保管場所の土地建物が申請者の所有である場合

 保管場所使用権原疎明書面(自認書)
 →申請書ダウンロード(茨城県警察公式サイトより)
 →記載例

(2) 保管場所の土地建物が申請者の所有でない場合(下記のいずれか1通)

・駐車場賃貸借契約書の写し

・駐車場賃貸借契約書の写しがない場合は、駐車場を賃借してれば通常持っているようなもの、例えば駐車場の料金の領収書など(ただし、賃貸借の内容が記載されたものに限ります)

・保管場所使用承諾証明書(土地・建物が共有の場合は全員)
 →申請書ダウンロード(茨城県警察公式サイトより)
 →記載例

・以上のものが作成できないときは、公法人等の発行する確認証明書

また、使用の本拠の位置(住所地、事業所在地等)が確認できる公共領収書(ガス、水道、電気等)や、居住の実態または営業の実態が確認できる書面の添付が求められる場合もあります。

せっかく時間を取って行ったのに、二度手間になるということのないよう、必要となる書類は必ず確認してから申請に行くようにしましょう。

所在図について、別紙として地図のコピーを添付できるとありますが、添付を求められることもあります。

届出に行く

平日の警察署業務時間内(午前8:30-午後5:15)に警察署へ行き、申請します。

標章交付代500円が必要となります。

審査にある程度時間がかかるので、時間に余裕を持って行きましょう。

車庫証明と違い、手続はこれで終了です。後日また警察署へ行く必要はありません。